「毛髪の基礎知識」

 北名古屋市,美容室,いつものところ
毛髪の成分
脂質

毛髪の脂質には皮脂腺から
分泌された
皮脂と皮質細胞
自身が持っている脂質
とがあります。
皮膚や毛髪の表面に広がり、
皮脂膜となっております。

微量元素

毛髪の色は微量に含まれる
金属分子の種類によって
異なると言われ、
白髪=ニッケル
帯黄色毛=チタン
赤毛=鉄、モリブデン
黒髪=銅、コバルト、鉄
などが含まれます。

その他
メラニン色素、水分

などが含まれています。
タンパク質(ケラチン)

毛髪の主成分はケラチンと
いわれるタンパク質で
できています。
さらにそのケラチンはシスチン
を主成分とする18種類の
アミノ酸からできています。
シスチンの含有量は遺伝、
生活環境、食事、美容処理などの
影響で異なります。
特にアンバランスな食事は
タンパク質のアミノ酸組成に
影響を与えるため、無理な
ダイエットなどには注意を
してください。


毛表皮(キューティクル)

毛髪の1番外側の部分で
多糖類タンパク質が強固に
結合したものです。
4〜8枚が重なり合って
ウロコ状となり内部を
保護しています。





 エンドキューティクル

シスチン含有量が少なく
ケラチン侵触性薬品に
対しては強いが
タンパク質侵触性の薬品
には弱い層です。

 エキソキューティクル

軟らかいケラチン質の層で
パーマ剤などの薬品の
作用を受けやすい層です。

 エピキューティクル

酸素や化学薬品に
対する抵抗は強いが
硬くてもろいため
機械的な作用を受けて
損傷しやすい。
ポリペプチド鎖

プロトフィブリル

ミクロフィブリル

マクロフィブリル



皮質細胞


毛皮質(コルテックス)


毛髄質(メデュラ)
☆毛皮質(コルテックス)

毛表皮の内側にあり毛髪
全体のほぼ9割を占めます。
繊維の束が縦に繋がり
横の繋がりとしてケラチンが
結合しています。
髪に「弾力」と「しなやかさ」を
与えています。


☆毛髄質(メデュラ)

毛髪の中心部にあります。
メラニン色素を含み、太い
髪ほど量が多く、細い髪ほど
量は少ないです。
中にはまったくない(猫毛)
のもあります。
通常、毛髄質が多い髪はパーマ
がかかり易く、少ないほど
パーマがかかりにくいです。

Point 1 髪に水分が含まれるとキューティクルが開きます。
濡れた状態で寝てしまうと枝毛などのダメージの原因になります。
できるだけ乾かして寝るように心がけましょう♪


Point 2 髪質が人それぞれ違うのは毛根・毛球の形・遺伝子などによっても
左右されますが、こういったケラチンの構造とシスチンの性質が
一本一本に組み込まれているからなのです。


Point 3 実は毛髄質の成分、機能などはまだ充分に解明されていません。
しかし寒冷地に棲息する動物の毛は毛髄質の割合(太さ)が多く
毛髄質の空洞が空気を溜めて、保温の役割をしています。
毛髄質が生存のための重要な役割を果たしていることになります。


毎日のヘアケアは時々美容室でやるより重要です。